カフェテインの原材料がズゴイ!これならだれでも痩せられるかも!

カフェテインの原材料がズゴイ!これならだれでも痩せられるかも!

 

ダイエットは食事制限だけでは痩せられないのは周知の事実!

 

そこで最近、ダイエッターの話題を独占しているのが「カフェテイン」!

 

このカフェテインは、「トリプル3ミックス(筋力維持、集中力、脂肪燃焼)のハイブリッドコーヒー(公式サイトより)」とのこと!

 

原材料を調査してみたところ、スゴイことが判明しちゃいました!
これならだれでも痩せられるかもしれません。

 

そんなカフェテインの原材料を大公開しちゃいます!

 

カフェテインってどんなもの?

カフェテインとは名前の通り、コーヒーとプロテインが一緒になった商品です。

 

 

「コーヒーのおいしさを楽しみながら、筋力の維持に必要なプロテインを摂ることができる」とのこと!

 

コーヒー好きのダイエッターにとっては、嬉しい商品ですよね!

 

カフェテインの原材料がすごかった!

そんなカフェテインですが、原材料がすごかったんです!
分かりやすくご紹介していきます。

 

 

商品名 Caffetein(カフェテイン)
名称 乳タンパク含有食品
原材料名 乳タンパク、コーヒー、澱粉分解物、コーヒーエキス(コーヒー豆、デキストリン)、ミルクカルシウム、穀物麹抽出濃縮物(大豆を含む)、エラスチン(魚由来)/カフェイン、香料
内容量 150g

 

 

乳タンパク(ホエイプロテイン)

乳タンパクは一般的にホエイプロテインと呼ばれ、牛乳から作られるホエイ蛋白を使用しています。

 

ホエイプロテインは体作りの基礎となるプロテインの中でも、摂取後の消化が早いため、エネルギー消費されにくく、たんぱく質の合成をより早く進めることが期待できます。

 

水に溶けやすく、粉っぽさもないので、とても飲みやすいのもうれしい点です。

 

コーヒー由来のカフェイン

皆さんがご存知の通り、コーヒーに含まれるカフェインは集中力を高めます。
ダイエット中に大切な、やる気を後押ししてくれます。

 

実はそれだけではなく、カフェインは自律神経の働きを促進させ、脂肪を燃やす効果があるんです。リパーゼや脂肪細胞を活性化するのです。
更には、交感神経を刺激して食欲を抑える効果もあります。

 

コーヒー由来のポリフェノールであるクロロゲン酸

コーヒーに含まれているダイエット効果が期待できる成分は、カフェインだけではなく、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸もあります。
クロロゲン酸は、コーヒーの色や苦みなどのもとです。

 

このクロロゲン酸は、糖質分解酵素の働きを阻害するため、糖質の吸収を緩やかにしてインスリンの分泌を抑えてくれます。その結果、余分な脂肪のため込みを防ぎ、糖尿病の予防効果さえも期待できるのです。

 

そして、蓄えられてしまった脂肪にも直接働きかけます。
また、カフェイン同様に脂肪を燃やす効果があります。

 

更には、ポリフェノールのため、抗酸化作用があり、老化防止効果も期待できるんです。

 

クロロゲン酸ってすごいですよね。

 

ミルクカルシウム

牛乳由来の天然カルシウムです。
カルシウムの種類の中でも、ミルクカルシウムは体に吸収されやすいカルシウムです。
また、風味もよく味も良いので、ダイエット中には嬉しいですよね。

 

麹抽出濃縮物

麹抽出濃縮物は、炭水化物、脂質、たんぱく質などの分解吸収の働きをします。
そのため、体内にある消化酵素の使用を節約することができます。

 

エラスチン

エラスチンは弾性たんぱく質とも呼ばれ、弾力繊維を構成する成分です。
人間の体を構成するたんぱく質で、コラーゲンに次いで二番目に多いたんぱく質です。
弾力性や伸縮性を保ち、肌のハリを持たせるのにも欠かせません。

 

また、ダイエット時の減量等により、減ってしまいがちな美しい女性的なラインをサポートする大切な役割もしています。

 

カフェテインの栄養成分もすごかった!

このカフェテイン、栄養成分もすごかったんです!

 

エネルギー 35.5kcal
たんぱく質 5.39g
脂質 0.23g
炭水化物 3.24g
糖質 2.7g
糖類 0.94g
食物繊維 0.54g
食塩相当量 0.03~0.05g
カフェイン 120mg

※栄養成分表示(1回分 10gあたり)

 

 

プロテインより低カロリー

一般的なプロテインは一杯当たり100kcal前後ですが、カフェテインは35.5kcalと低カロリーなんです。

 

たんぱく質だけを効率よく摂取できる

女性の一日のたんぱく質の推奨摂取量は50g。
食品から摂取しようとすると、脂肪を摂取しすぎてしまう傾向があります。

 

しかし、カフェテインにはたんぱく質含有量は5.39gもあるのに、脂質は0.23gととても少ないのが特徴です。
よって、ダイエットに不可欠なたんぱく質を効率よく摂取できるのです。

 

スムージーより低糖質

健康や美容に良いと人気のスムージーですが、一般的な糖質含有量は一杯当たり7g前後です。
しかし、カフェテインは2.7gと低糖質です。

 

まとめ

カフェテインの原材料がスゴイ事実をお分かりいただけたと思います。
更には、栄養成分もすごかった事実も判明しました。

 

カフェテインを効率的に使用して、一緒にダイエットを成功させましょう!

page top